ホーム > サービス内容・料金 > おすすめ・注目のビジネス書ラインナップ > おすすめピックアップ > 道具としてのファイナンス

おすすめ・注目のビジネス書ラインナップ

道具としてのファイナンス

石野雄一/著 日本実業出版社 定価2,592円 (2005年8月25日発売)

「いかに有利に資金調達し、それによってより大きな収益を上げるか」を数字で知るファイナンス。70万円以上かけて本を読んでもオプション理論 ・DCF法などの理論が理解できず苦労してMBAを取得した著者が、 EXCELを活用することで簡単に使えるファイナンスを伝授。ファイナンスの基本や企業実例などからやさしく解説。