ホーム > サービス内容・料金 > おすすめ・注目のビジネス書ラインナップ > おすすめピックアップ

おすすめ・注目のビジネス書ラインナップ

おすすめピックアップ

1分間バフェット お金の本質を解き明かす88の原則 (1分間シリーズ)

桑原晃弥/著 SBクリエイティブ 定価1,028円 (2012年12月26日発売)

スキマ時間で働き方やビジネス戦略を学ぶ「1分間シリーズ」の1冊。世界最高の投資家にして世界長者番付に君臨するウォーレン・バフェットの88のメッセージから、お金の本質を解き明かします。世界中から尊敬を集めるバフェットの価値観は、投資の道しるべとしても、ビジネスや人生の指針としても役立たせることができます。

いちばんわかる! トクする! 社会保険の教科書

キャッスルロック・パートナーズ/著 ダイヤモンド社 定価1,512円  (2016年5月27日発売)

複雑な社会保険のしくみについて、全体像とポイントが理解できる解説書。社会保険や年金事務の担当者・中小企業の経営者向けに書かれていますが、医療や年金、介護、労災、 雇用保険は、あらゆる人に関係し、これを扱う部署は会社のコントロールセンターであると説き、会社にも働く人にも有益なことをわかりやすく伝えます。

財務マネジメントの基本と原則

デイビッド・メッキン/著 國貞克則/訳 定価2,160円 東洋経済新報社 (2008年6月6日発売)

ベストセラーとなった<財務3表一体理解法>の著者翻訳の一冊。 「財務目標」の設定・実行・評価や「財務情報」の活用方法などにおいて、財務原則・マネジメント・意思決定の3つを一体的に理解しながら財務のコントロールを行うことで、ビジネスにおける財務マネジメントの本質が見えると説きます。

道具としてのファイナンス

石野雄一/著 日本実業出版社 定価2,592円 (2005年8月25日発売)

「いかに有利に資金調達し、それによってより大きな収益を上げるか」を数字で知るファイナンス。70万円以上かけて本を読んでもオプション理論 ・DCF法などの理論が理解できず苦労してMBAを取得した著者が、 EXCELを活用することで簡単に使えるファイナンスを伝授。ファイナンスの基本や企業実例などからやさしく解説。

あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門

野口真人/著 ダイヤモンド社 定価1,728円 (2016年4月22日発売)

企業価値評価のスペシャリストである著者が、本当の価値を見抜き、正しい選択をするための究極の実学・ファイナンス理論の考え方を伝えます。人生に役立つ部分を中心に、価値判断の目を養うよう促しています。いかに普通の価値観が現金の呪縛にとらわれているかを理解し、生きていく上で大切なものを再考してみませんか。

カイジ「命より重い!」お金の話

小暮太一/著 サンマーク出版 定価1,000円 (2013年4月22日発売)

友人の保証人になったのがきっかけで多額の負債を抱え、ギャンブル(賭博)に挑むようになるく青年漫画『カイジ』を引用して、「消費者ローンの利用経験」、「消費者ローンの原因はカードショッピング」、「連帯保証人になった経験」、「欲は刺激されるからふくらむ」などの様々な視点からお金との本性を見つめます。

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ

評価★3.95

橘玲/著 幻冬舎 定価1,728円 (2014年9月26日発売)

2002年刊のベストセラー「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」の改訂版。前著を書いた経緯を述べた章も追加。不動産、生命保険などの資産運用、法人、ファイナンス、税金の知識など、制度的な現実を伝え、「働き方」=人的資本についても語ります。黄金の羽根は単なる幸運ではなく、計算された経済合理性を示しています。

図解「財務3表のつながり」でわかる会計の基本

國貞克則/著 ダイヤモンド社 定価1,404円 (2014年8月29日発売)

ベストセラーとなった「財務3表一体理解法」の著者が書く会計入門書。会計を始めて学習する人や途中であきらめてしまった人のため、決算書の読み方や会計全体の仕組みを図解とともにわかりやすく解説しました。ビジネスの場で会計を活躍させることもできる一冊となっています。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

山崎元・大橋弘祐/著 文響社 定価1,490円 (2015年11月11日発売)

何かでお金を増やしたいけど、損をするのは嫌という人は、先ずはこの本を読んでみましょう。東大を卒業して外資系証券や保険など金融関係の仕事を渡り歩いた実績を持つ「お金のプロ」山崎元氏がおすすめする方法とは・・・。誰でもできて、なるべく安全なお金の増やし方が分かります。