ホーム > サービス内容・料金 > おすすめ・注目のビジネス書ラインナップ

おすすめ・注目のビジネス書ラインナップ

あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門

野口真人/著 ダイヤモンド社 定価1,728円 (2016年4月22日発売)

企業価値評価のスペシャリストである著者が、本当の価値を見抜き、正しい選択をするための究極の実学・ファイナンス理論の考え方を伝えます。人生に役立つ部分を中心に、価値判断の目を養うよう促しています。いかに普通の価値観が現金の呪縛にとらわれているかを理解し、生きていく上で大切なものを再考してみませんか。

マインドフルリーダーシップ

田口力/著 KADOKAWA,中経出版 定価4,500円 (2015年9月11日発売)

GEはじめ多くの企業で、リーダーシップ開発研修や組織変革に携わってきた著者による根源的リーダーシップ論。リーダーには、備えておくべき能力や知識、他者に影響を与えるための真髄があるといい、その要件が「マインドフル」つまり「意識をその瞬間に集中すること」であり、米国企業が研修に導入、脚光を浴びています。

リーダーはじめてものがたり

播摩早苗/著 幻冬舎  定価1,404円 (2010年5月26日発売)

アナウンサーから転身して、管理職研修やプレゼン研修などを行う会社を設立した著者が、管理職でなく人事権もなくマネジメントも学んでいない若手のリーダークラスを応援するために書いた小説。主人公の毅一が、チームをまとめ、メンバーの能力と知恵を活用できるよう「承認のスキル」を身につけていく成長がわかります。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江貴文/著 ダイヤモンド社   定価1,512円 (2013年11月1日発売)

東京大学在学中にIT企業を起し、時代の寵児となったホリエモンが実刑を受け、出所した後に初めて出した書き下ろし。自伝的告白として、生い立ちや刑務所での生活、その中で向き合った自分や思想を伝える堀江本の決定版。人生や働くこと、お金など、彼が伝える言葉は、特に若い人たちの未来をめざす力になります。

手書きの戦略論 「人を動かす」7つのコミュニケーション戦略

磯部光毅/著 宣伝会議 定価1,998円 (2016年4月23日発売)

店頭やウェブなど「接点」を意識し、双方向のやりとりを重視するコミュニケーション戦略について体系的にまとめました。コミュニケーション戦略を「人を動かす戦略」「心理工学」ととらえ、ポジショニング論、ブランド論など7つのアプローチについて、歴史的な変遷を把握し、新しい手法や価値基準が増えた状況も解説します。