PICK UP!

金融危機を境に評価が一変した男の人生と当時の中央銀行の本質的な課題

00000068_eye_catch__thumb.jpg

【タイトル】 グリーンスパン 何でも知っている男
【著者】 セバスチャン・マラビー/著 村井浩紀/訳
【出版社】 日本経済新聞出版
【定価】 6,380円
【出版日】 2019年3月26日発売
【NDC】 289.3
【内容紹介】 「何でも知っている男」グリーンスパンは、なぜ危機の発生を防ぐために行動しなかったのか? アメリカの中央銀行、連邦準備理事会(FRB)議長グリーンスパン。金融危機を境に評価が一変した稀代のFRB議長の人生と時代を描き切り、中央銀行の本質的な課題を明らかにする。

個別相談サービスに申し込む