PICK UP!

金融機関の新基準導入による地域金融の生き残りをかけた改革

00000070_eye_catch__thumb.jpg

【タイトル】 捨てられる銀行
【著者】 橋本卓典
【出版社】 講談社
【定価】 880円
【出版日】 2016年5月17日発売
【NDC】 338.21
【内容紹介】 2019年4月に大きく変わった金融機関の新ルールによって、金融検査マニュアルは実質廃止、金融機関の事業性を評価する新基準になりました。金融検査マニュアルや信用保証協会の存在が当たり前だった当時の金融機関で、地域金融マンは、未来に迫る「計測できない世界」にどう対処したのか?金融庁はどのような金融行政を目指そうとしたのか?稚内信金、北國銀行、きらやか銀行、北都銀行など、改革による成果を上げた地域金融のケーススタディを掲載。

個別相談サービスに申し込む