PICK UP!

金融破綻のギリシャの反乱鎮圧に努めた財務大臣の回顧録

00000075_eye_catch__thumb.jpg

【タイトル】 黒い匣 (はこ) 密室の権力者たちが狂わせる世界の運命――元財相バルファキスが語る「ギリシャの春」鎮圧の深層
【著者】 ヤニス・バルファキス/著 朴勝俊、山崎一郎、加志村拓、青木嵩、長谷川羽衣子、松尾匡/訳
【出版社】 明石書店
【定価】 2,970円
【出版日】 2019年4月19日発売
【NDC】 338.23
【HBC】 IDA
【内容紹介】

金融破綻を背景に2015年1月〜7月に起きた「ギリシャの春」は、ギリシャの人々が債務の束縛に対して抵抗の声を上げた半年間の反乱だ。著者は、当時財務大臣を務め、国際債権団トロイカとの債務再編交渉を担当したヤニス・バルファキス氏。EUの権力や緊縮政策に抗いながら、反乱の鎮圧に努めたノンフィクション作品。

個別相談サービスに申し込む